診療のご案内

生活習慣病

高血圧症

高血圧症

高血圧症では、濃い味付けを避ける、加工食品を避けるなどで減塩をこころみ、自宅での血圧を測定していただきます。運動も効果的です。生活習慣の是正でも改善しない場合は、血圧を下げる薬を内服していただきます。
高血圧症では生活習慣も関与しますが、内分泌系の病気(原発性アルドステロン症などの二次性高血圧症)と関連する場合もあります。

脂質異常症

脂質異常症

食事・運動療法を中心とした生活習慣の改善が治療の基本です。それだけでは治療の目標値にとどかない場合は、心臓や血管の病気のリスクをへらすため、お薬を内服していただきます。
脂質異常症は甲状腺の病気と関連する場合もあります。

高尿酸血症

高尿酸血症

尿酸値が高いと痛風や尿路結石症を発症するリスクが高まります。また、腎臓などの臓器をいためる可能性もあります。食事療法を中心とした治療を行い、場合によってはお薬を内服していただく場合もあります。